≪速報≫

快挙です。

愛弟子の大石さんが、難関、日本クラシック音楽コンクール(中学生の部)で西日本最高位に輝きました。

私も全国大会の審査員の一人として公平なジャッジは当然な責務と悠然と構えていたが、抽選の結果とはいえ、大石さんは最終受験者。

それまでにも抜群に[上手い]子、[華やかさの極みを武器としてもっている]子… そんな激戦の中、大石さんのブラームスが終わった後、私以外の4人の審査員の先生方は沢山訂正していた。

ある某音楽大学の高名な先生は、大石さんの演奏の後、控室でその演奏に思わず《何が一番大切か思いださせられる》と漏らした。これが全て。

生徒をコンクールで勝たせる事は他人が想像するほど難しくは無い。

しかし、コンクールで他人を感動させてしまった大石さん!

勿論鍛え足りないテクニカルなシステム習得は散見されるし、まだまだだけど。

広告