奈良県立ジュニアオケ・ファーストコンサートのプログラム

『アイネクライネナハトムジーク』

こどもたちにとって、何から学ぶのがよいか?音楽の基本であるモーツアルトからはじめました。古典であり、モーツァルトの代表作でもあるこの曲。オケ及び音楽の基礎をみっちり勉強しました。

一方、L.アンダーソンの曲は、おもちゃ箱をひっくり返した様な曲が多く、ジュニアオケには利発で理解力のある子が多いのですが、遊びの要素が出るまでに手を焼きました。

日を追って少しずつこどもたちから笑顔がこぼれるようになり、「先生、こうしようよ!」というアイデアが持ち込まれるまでになりました。思わずこちらが笑ってしまうシーンも多々あり、嬉しいものでした。

『ワルツィングキャット』は最後に“犬に喰われる”シーンがある、といわれています。最後、フェルマータでぴたっととまって以降がドラマティックです。そのように、これらの曲には遊びの要素が沢山あるのです。

『タイプライター』では、本物のタイプライターを使用します(本物のタイプライターを持っているオケは少なくて、こっそり某オケからお借りしています)。クラシックなもので、打楽器奏者が曲中でカチャカチャという音と共に、チーンという音も鳴らします。

『シンコペイテッド・クロック』は古時計を現す曲で、カチカチと古時計の音がします。『ベルオブザボール』はミュージカル。ミラーボールのイメージのサウンドです。ミュージカルというとバーンスタイン作曲の『ウエストサイドストーリー』が有名ですが、そういったアメリカの実に華やかな群舞__現代の大円舞曲のイメージです。

これらの曲は全て、ソロは達者でも、合わせることは初めてである子が多く、とまどいも喜びも僕と一緒に乗り越え、作り上げてきました。

今 回は、国際的に活躍するピアニストでもあり、こどもたちの音楽教育にも熱心な仲道さんをソリストに向かえることができ、一緒に共演できることを僕自身ひじょうに愉しみにしています。そして、こどもたちも彼女と共に同じステージに立てることは、なんと素晴らしいことでしょうか。きっと彼らにとって、貴重な体験になることでしょう。

来たる3月20日(火・祝)は、こどもたちの成長をあたかく見守っていただき、ご来場、御高評いただければ幸いです。

Program

・アイネクライネナハトムジーク
・4つのバイオリンとチェロのための協奏曲 ニ長調(A. ヴィヴァルディ)
・仲道祐子 ピアノソロ
・バロック風 日本の四季「春」より「花」「さくらさくら」(早川正昭)
(奈良県立ジュニアオーケストラと仲道祐子さんの共演)
・ワルツィングキャット(L.アンダーソン)
・タイプライター(L.アンダーソン)
・シンコペイテッド・クロック(L.アンダーソン)
・ベルオブザボール(L.アンダーソン)

※プログラムは予告なく変更する場合があります。

奈良県立ジュニアオケファーストコンサート

奈良県立ジュニアオケ・ファーストコンサートチラシ表
全国初の県立ジュニアオーケストラとして、平成23年6月に結成した県立ジュニア
オーケストラが、今までの練習の成果を披露する記念すべき第1回のコンサートを開催
します。

音楽監督・指揮 梅沢和人
ゲスト 仲道祐子(ピアノ)

Program

奈良県立ジュニアオケチラシ裏面・アイネクライネナハトムジーク
・4つのバイオリンとチェロのための協奏曲 ニ長調(A. ヴィヴァルディ)
・仲道祐子 ピアノソロ
・バロック風 日本の四季「春」より「花」「さくらさくら」(早川正昭)
(奈良県立ジュニアオーケストラと仲道祐子さんの共演)
・ワルツィングキャット(L.アンダーソン)
・タイプライター(L.アンダーソン)
・シンコペイテッド・クロック(L.アンダーソン)
・ベルオブザボール(L.アンダーソン)
※プログラムは予告なく変更する場合があります

■日時

平成24年3月20日(祝・火)

開場:15時 開演:15時30分

■場所

奈良県文化会館 国際ホール
(http://www.pref.nara.jp/dd_aspx_menuid-1717.htm)
奈良市登大路町6-2

近鉄奈良駅1番出口より東へ徒歩約5分

■入場料無料(自由席)

■ゲスト

仲道祐子(ピアノ)

心に染み入る情感豊かな音楽と瑞々しい音楽性を持つ、今最も期待
されているピアニストのひとり。

ドイツを拠点にソロ活動を行ってきたが、1996年より日本での本
格的ソロ活動を開始。

現在はリサイタルの他、著名なオーケストラと共演するなど、室内
楽の分野でも活躍している。

主催:奈良県

お問合せ/奈良県 文化・教育課
TEL:0742-27-8478

3.11震災復興祈念チャリティーコンサート無事終了!

3.11チャリティコンサート合唱団【3.11震災復興祈念 チャリティコンサート〜ふるさとを想い、皆で歌う小学校唱歌と演奏〜】大フィルカルテットと一緒に歌おう!!

コンサートの様子をリアルタイムで全国に、とりわけ被災地に向けて伝え、広げ、繋がることができたらと、ユーストリームで画像配信も行いました(午前10:30〜動画同時配信http://ustre.am/IqXG)。

演奏会の様子は、けいはんな雑学大學・けいはんなSNSの皆さんが、YouTubeにアップデートしてくださっています。

『弦楽のためのアダージョ』

『朧月夜』

『故郷』

(撮影者も一生懸命歌っています)

___音は命を 救わない。いわゆる絆は被災地や被災者への具体的な答にはならないかも知れない。でも[多くの人が見ています]というメッセージが伝えられたらと。

実際の演奏会は、大変盛況で、お集まり頂いた方々に感謝申し上げます。朝9:00。本番前のリハーサルのためにでかけて来られた方々で、ホールは溢れました。この日、何もせず家で過ごすよりも、一緒に歌いたいとでかけてこられた皆さんの真剣な面持ちが、印象的でした。後でスタッフに聞いたところ、演奏会中は、啜り泣く方々も多く見られたとのことでした。

一方、合唱をすることで、その場に居合わせたものたちが自らも癒された感があったという感想も多くいただきました。人のために祈り、心を込めて歌う。他者を祈ることでその実自らが癒される恵みがあったようです。

被災地の実際の痛みは想像を絶しますし、我々のできることは限られています。ですが、こういった取組みを毎年重ねて続けていくことが、大切なのではないかと思います。

また、市民の手作りの演奏会のため、けいはんな雑学大學、けいはんなSNSのスタッフの皆さんには、色々と大変なご苦労もあったかと思いますが、スタッフのおかげでこのような成果をあげることができましたことに感謝申し上げます。

このコンサートはチャリティですが、入場料はおとりしていませんでした。被災地に必要なものは、もっとたくさんある。ご趣旨にご賛同いただきました皆様には、手作りのシュシュと引き換えに、義捐金のお願いをいたしました。シュシュは、四條畷の山下様がボランティアで200個ほどもお作りくださり(生地もご寄付くださいました)、会場にお持ちくださいました。たいへんありがとうございました。ご賛同いただきました皆様のおかげを持ちまして、沢山の義捐金を集めることができました。ここにお礼申し上げます。

集まりました義捐金は、以下の通りです。

集まった義捐金 34,184円

義捐金の送り先は、音楽関係の被災地の支援へ寄付することとなりました。